Diary...

フランクリーダー始動 Diary...

英国ファッションの至宝、アレキサンダー・マックィーン氏が死去したという悲報が・・・。

私がマックィーンを知ったのはモード全盛だった高校生の頃、ちょうど10年くらい前。

当時タイヤ跡のプリントがとても印象強く今でも鮮明に覚えています。

高校生のときに当時茶屋町にあったチットチャットチョットにマックイーンをはじめヴィヴィアン、ビッケンバーグ、コスタスを見にちょこちょこと足を運んだ思い出があります。

・・・*・・・

そんなさなかマックィーンが大絶賛し、注目を浴び世に轟かせたフランクリーダー。

2010 S/Sコレクション 1stデリバリーがstartします。

2月13日入荷しますのでお楽しみに。

・・・・・・*・・・・・・

フランク・リーダー

1974年ドイツ生まれ。 2000年セントラル・セントマーチン美術大学卒業。卒業制作のショーにおいて、審査員であったファッション界の巨匠、アレクサンダー・マックィーンが彼の作品を絶賛したという。大学院在学に自身のブランド『FRANK LEDER (フランク・リーダー)』のコレクションを発表。 2001年にはイギリスで、ドイチェ・バンク・ピラミツド・アワードを受賞。 1999-2000年までロンドン・ファッション・ウィークに参加し、2002年活動拠点をベルリンに移して以降、パリ・コレクションに参加している。
この時期、ドイツ出身のデザイナーによるブランドと数々の展示会、コラボレーション企画を発表。その代表的なブランドがステファン・シュナイダー、BLESS、ベルハルト・ウィルヘルム、ダーク・ショーンベルガーなど。
2004年よりレディース・ラインをスタート。 2005年より、フローリアン・ホーワスと共にプロジェクト「The Essence」をスタートする。 ドイツの背景を基礎とし、明確なコンセプトで人を魅了するデザイナーである。

コメントをどうぞ

*は必須項目です。