Diary...

sing street Diary...

みなさんこんばんは!

 

金曜日担当、スタッフ松浦です。

 

どうやら今日からポケモンGOが配信されているようで。

友人のinstagramを見ていても、お客様と店頭でお話してても

みんな結構やっている、、、

懐かしい、、懐かしすぎます!

家に帰ったら早速ダウンロードしてみようと思います。笑

お店にもポケモンがいたりして。笑

 

今日はまた、映画の話。

 

先日、ちゃんと行ってまいりました。一人映画。

 

でもまだ3本目。

 

本来ならばもう5本見ているはず。あ、、、

 

 

シングストリート”という映画をみてきました。

 

header

 

あらすじはこちら。

 

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。

父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。

音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。

ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、

「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。

慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作り

の日々が始まった――。  

http://gaga.ne.jp/singstreet/より引用

 

最初から最後まで、音楽で溢れている映画なのです。

 

ジョン・カーニーという監督の映画は以前、

飛行機の中で見た「はじまりのうた」が本当に好きで。

その監督の新しい作品ということでめっちゃ楽しみにしていたわけです。

 

そして、シングストリート。

割と観客がパンパンだったのですが、

笑いが起こったり、曲が始まると、みんな揺れている。。

すんごいノリノリで映画をみることって、私は初体験。笑

一体感もあって、サイコーでした!

なかなかないですよね、そんなこと。

 

それくらい入り込んでしまうほど面白い映画。

音楽のパワーをひしひしと感じました!

80年代って私は右も左も知らない年齢でしたが、

いいものって色褪せない。

ずっとずっといいものなんだなぁと考えさせられました。

 

シングストリート、めっちゃおすすめです。

公開されたばかりなので、まだ映画館で見ることができますよ!

みなさまぜひ映画館へ~!

まわしものではないです笑

 

 

ではまた来週に★

コメントは受け付けていません。