Diary...

3.1 phillip lim SPRING 2011 MEN’S INSPIRATION Diary...

待望の3.1 phillip lim 1stデリバリーが明日(25日)に迫ってまいりました。

   

   

展示会では最高潮なハイテンションで、どれもこれもと・・・。

   

質実なモノのよいブランドが先行して好まれる時代ですが、その時々の気分を高めてくれるファッション性あるブランドって改めて大事だなと思います。

   

今シーズンの3.1 phillip limはrroommにとっても新たな気持ちで待望といえるかもしれません。

  

3.1 phillip limを着たことがない方たちが着てみたいと待ち望んでくれています。

  

    

   

さて、1stデリバリーはシャツが中心のラインナップです。

3.1 phillip limより今シーズンのコレクションインスピレーションが届きましたので、予習がてらにご紹介します。

   

  

「スティーブ・マックイーン」「ブライアン・フェリー」「ジャック・デュトロン」・・・

彼らの持つ「天性」の格好よさを持ち合わせた自信に溢れる男たちや、70’sのストリートスタイルにインスパイアされたコレクション。

   

デザイナー、フィリップ・リムは都会で生き抜く知識を持ち、かつ洗練され、若々しく反逆的な、そして自分の生き方に自信を持ったタフな男性像をファブリックに描いたコレクション。

  

「音楽やアンダーグラウンドシーンを発見し、それらの英知が彼らの内側から溢れ出している、熟成された男性がテーマである。」とフィリップ・リムは語る。

   

   

モダンな生活にリンクしたネオクラシックを作り出すことをメインアイディアに、シルエットはクリーン&ジャストフィット、ボリュームトップスにナローパンツのルック提案をしています。緻密で構造的な仕立ての新たなクラシックスーツは、ペイズリー刺繍のジャカード織やコットンツイルなどで仕上げられています。

ジャケットはサファリからタキシードまで揃い、パンツは細身でストレートなスティーブ・マックイーンのスリムフィットスタイルや、クロップドストレートの”Rive Gauche”カットなどがみられる。手織りの風合いを加えたショートパンツはカットオフスタイルを提案。

   

   

   

コメントをどうぞ

*は必須項目です。