Diary...

Invaders walking Diary...

 

イノウエです。

 

久々に邦画観に行きました。

やはりいいですね。何がいいかっていいますと。

字幕を追わなくていいというのは映像に集中できると言いますか。

 

映画を観る時、私はだいたい前から三列目で、両端4つづつは空いていて欲しいということです。優先順位としては両端4つづつ空いているということが最優先。次に前から三列目。

 

ですので、本当は両端4つづつは空いていて欲しくて前から三列目が好みです。

というのがいいのが正しいのかもしれません。

 

観た映画はこちら。

 

散歩する侵略者

http://sanpo-movie.jp/

 

その名の通り、侵略者が散歩します。

これ面白かったのですが、内容には触れたくないのです。。。

 

こちらの映画は監督が黒澤 清。

 

私はこの監督の作品では、アカルイミライ(2003年)を観たことがありました。

多分、CURE(1997年) 回路(2000年)も観たはず。

 記憶は定かではないですが。

 

その頃のイメージは難解な人というイメージでした。

今回の、散歩する侵略者は難解でない、とは言い難い話ではあるのですが、

なんとなくポップな感じもしました。

 

ゆえに観易かったと感じています。

個人的な感想ですが。

 

とはいえ、アクション的部分とかいらなかったのではと感じたりもしています。

もっと、さらっとわかりにくく、掴み所のない感じが恐怖というかなんというか。。。

もっと、観てる人を置いてけぼりにしていただいてもいいのかと思ったり。

 

本当、個人的感想ですが、爆発とかマシンガンとかはハリウッドでお腹いっぱいと思ったりもしています。

 

でも、久々にこういう感じの映画、面白かったなーと思いました。

 

気になられた方いらっしゃいましたら是非!!

 

それではまた!!!

タグ:

コメントは受け付けていません。