Diary...

DORAEMON Diary...

こんにちは★

サンデースタッフ植杉です。

  

  

最近ふと思い出したことがあって。

  

皆さん、日本を代表するアニメ【ドラえもん】の最終回は知っていますか?

ドラえもんの最終回って昔から色々な説がありますよね。

のび太が植物人間になると言う噂は有名ですが、調べていたら

10分ほど歩くのび太の後ろ姿が流れて『行かなきゃ』という言葉を残しフェイドアウトしたと同時に作者の藤子不二雄Fが亡くなった。など、目撃証言は多いのに、放送記録がないという都市伝説があったり。

 

最終回の他にも色々な噂があるようです。

  

  

で、何を思い出したかっていうと。

  

  

  

  

  

  

  

  

これ。

 

知ってますか??

2005年に男性漫画家が『田嶋・T・安恵』という名前で出したドラえもんの最終回が描かれた同人誌。

  

  

  

あまりにも出来た内容で、同人誌では異例の13000部を売り上げ、それでも入手困難でネットオークションで数万円で取引されたこともあり、かなり問題になっていました。

その問題はニュースにもなりましたし、『ドラえもん最終話同人誌問題』とウィキペディアに残るほど。

  

でもね、確かによくできてるんです。

しずかちゃんがちょっとエロっぽい感じを除いて。笑

    

 

  

【ドラえもん最終回】

  

  

  

ウィキペディアより

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎  

小学館ドラえもんルーム室長の横田清は

「これまでも、そこそこのことであれば見過ごしていたが、ネットで野放図に拡大されていくことには強い危機感を覚える。もしドラえもんに最終回があるとすれば、それは亡くなられた藤子先生の胸の中だけであり、この『ドラえもん 最終話』によって、先生が作り上げた世界観が変質してしまうようなことがあってはならないと思っている」と。

ドラえもんルーム室長という役職があることに驚いたことはさておいて。

  

  

ドラえもん室長にここまで言わせる同人誌、侮れないですね。

  

  

  

今日はそんなお話でした。

 

コメントは受け付けていません。