NEW ARRIVAL(MENS)

CURLY”HS BRIGHT SWEAT&RIPPLE TANK” NEW ARRIVAL(MENS)

こんばんは。藤原です。

 

 

本日のダイアリーはウェブ担当井上の番ですが、個人的に少し楽しみにしていた内容です。最近、スタッフの間でダイアリー何を上げる?と普段の会話の中でも話題になるぐらい習慣付いてきています。何しよかな~、もう次はほんまに無いかもです、、、など日々考えています。

 

そして、先週末、僕が井上に何か決まりましたか?との質問に少しテンションが上がった声のトーンで「決まったんです!!」と、、、その瞬間、これはおもしろいの来そうだなと感じ取った僕。その予感的中。意外性のあるおもしろさで僕もテンションが上がっちゃいました。そして昨日、既に出来上がったモノを一足先にカンニングしました。おそらく好きな方はテンション上がると思います。知らない方(特に若い方)は少しカルチャーショックを受けるのではないでしょうか。僕はかなり好きな内容でした。その内容は本日のアイテム紹介をじっくりご覧になってから、お楽しみ下さいね。

 

 

それでは、本日も参ります。

 

 

_MG_9606

 

先日ご紹介したクレプスキュール別注サンダーニット、大変好評頂いておりますが、それと負けない勢いで好評頂いておりますアイテムが御座います。今夜はそちらのご紹介となります。

 

CURLYからはハーフスリーブスウェットと個人的にオススメなタンクトップのご紹介です。

 

 

 

それでは、ハーフスリーブスウェットから参ります。

 

 

 

 

 

011         

 

014

 

CURLYらしく全体をスッキリさせたシルエットのスウェット。見た目はスウェットですが、アームの細さやネック周り、裾の細かいディティールがTHEスウェット感を出さず、Tシャツっぽさもある一着。生地はスーピマコットンをブレンドした糸を使っており、サラッとドライタッチで快適な着心地のスウェット素材を使用。見た感じのしっかり、ずっしりした生地の印象と触った時のライトで、ソフトな感触には良い意味でのギャップを感じます。

 

 

 

 

018

 

 

019

 

首周りのバインダーは細く取られ、少し緩めに設定されたネック周り。チョーカーやネックレスも完全に隠れる心配もなく、首周りのバランスをしっかり整えてくれます。

 

 

 

 

020

 

 

021

 

サイドに入ったスリットは動きを与え、且つ、見た目の雰囲気も野暮ったくならずのスマートなシルエットに。アームは細く、袖口は僕の大好きなロック仕様でクルっとこちらも動きあるデザインです。すっきりしたシルエット、細めのアームは一枚着だけでなく、シャツやジャケットのインナーとしても、腕周りの生地のゴワツキ、腰周りのだぼつきというのは全く気にならず、着用して頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

002

 

■cardigan:crepuscule

■pants:beautiful people

 

まずはカーディガン。ライトなスウェット地と細部のディティールが活き、Tシャツの上から羽織っているような雰囲気。でも、Tシャツの軽さではない存在感。インナーだからといって手を抜いた感じなく、抜かりの無いスタイリングを組んで頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

033

 

 

035

 

 

031

 

続いてはグレー。ホワイトよりもスウェット感が強くなるお色。色が出ることによって、生地の光沢感が出て、スウェットの王道色グレーが品のある大人の雰囲気漂う色目に仕上がっています。

   

 

 

 

 

038

 

 

041

 

 

 

039

 

 

040

 

ボディーとステッチのコントラストや袖口のロック仕様、サイドスリットのデザインもポイントになって、よりスタイリングに映えてくれるデザインとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

028           

■parka:bukht

■pants:CARVEN

■shoes:KLEMAN

■necklace:27/9                 

 

 

 

029

 

スウェットにパーカーもスポーツ感出そうな組み合わせもなんの問題もないナチュラルに合わせに。あくまでもTシャツとしてお使い頂ける半袖スウェット。なので、これから夏が近づくに連れて、着る洋服も限られてきますが、こちらは夏シーズンが到来しても、ずっと活躍致します。

 

 

 

 

 

 

049         

 

052

 

最後はネイビー。ムラのないキレイなダークネイビーは大人な印象。ボディーとステッチのコントラストも同色のダークトーンの色合わせでサイレントで上品さもある一枚。

 

 

 

 

 

 

055

 

 

056          

 

057

 

 

058

 

Tシャツ感覚で着て頂けるように作られたこのスウェット。薄手の生地はダークネイビーの色目も重くなく、軽い印象で着用して頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

044

 

■cap:TYRONE BARFIELD

■cardigan:FRANK LEDER

■shorts:BRU NA BOINNE

 

薄いブルーに、ホワイトを基調としたショーツ。インナーに差し込めば、全体を締めてくれます。色のメリハリが効いたスタイリングもオススメです。

 

■CURLY HS BRIGHT SWEAT

■price:¥9200+tax

■color:white,gray,nevy

■size:1,2,3,4

 

 

 

 

 

 

061

      

■t-shirts:BRU NA BOINNE
 

 

 

 

062

 

そして、こちら。裾からさりげな~く出ているアイテムのご紹介、そうです、タンクトップ。今年も届いております。CURLYのタンクトップ。毎年、購入しており、昨年も2枚程買おうと思っていたら、、、一瞬でした。完売してからも問い合わせもありました。僕は東京行ったときにCURLYのフラッグショップ「THE WEFT」さんにて購入させて頂きましたが、、、笑

 

そんな大好評のCURLYのタンクトップ、数も色多めなはずでしたが、既にサイズ欠けてきてます。絶対、絶対使えるので、、ご来店の際にはこちらと何かセットでいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

065

 

タンクトップと言えど、CURLYのタンクトップは一味、二味違います。まずは生地、先シーズンで使われていたポリウレタン、コットン素材のリップル素材を使用しており、冗談無しでこんなに伸びる!?という程の収縮具合。と言うことは着心地は全くのストレスも感じないので、中にタンクトップを着るとゴワゴワするのがイヤなどとお悩みの方も、そんな心配ないですし、裾から出すレイヤードをお楽しみ頂けますよ。

 

そして、ネックの開き具合、タンクトップってゆるいイメージがあると思います。でも、これは、シャツや、ジャケットを羽織るだけでも、中にカットソーを着ているんだということになります。なので、僕は暑がりですが、夏場にシャツを羽織る事が多々あります。でも、シャツでも袖があるだけで暑いんですが、このタンクトップなら、袖問題も解決し、涼しさも得られるんです。タンクトップが苦手な方にも是非オススメなアイテムです。

 

 

 

 

 

 

066

 

裾は少し長めに取られ、ラウンドも深く、Tシャツからチラッとだけでなく、シャツなどのアイテムと合わせてレイヤードもお楽しみ頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

075

      

■shirts:FRANK LEDER

  

 

 

いかがですか。こちらはネイビーを着用していますが、タンクトップ感はゼロ。ネック周りのゆるさも丁度いい開き具合。また、生地も存在感があり、タンクトップとシャツの組み合わせも変なやらしさは無く着て頂けます。

 

 

 

 

 

 

101_0343_01

 

・Lt gray

 

 

101_0343_04

 

・black

 

 

こちらのタンクトップは全4色。着用したホワイト、ネイビーの他にライトグレー、ブラックも御座います。どれも使い易い色目となっております。一枚どれにしようかなというよりも4色いるんじゃないかなと思うタンクトップです。

 

 

■CURLY RIPPLE TANK

■price:¥4600+tax

■color:white,navy,lt gray,black

■size:1,2,3,4

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

着心地が良く、タフで、着易いカーリーのアイテム達、着る度にその良さを感じて頂けると思います。

 

 

是非、お試し下さいませ。

 

 

rroomm online storeはこちらからどうぞ。

http://www.rroomm.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ:

コメントは受け付けていません。