NEW ARRIVAL(MENS)

BRU NA BOINNE”フェリシンビッシュショーツ&ミステリユショートP” NEW ARRIVAL(MENS)

こんばんは。藤原です。

  

  

連日の良い天気が続いておりましたが、昨日は夕方頃から雨でしたね。日曜日の夕方から雨が降ると個人的に気持ちがリセットされる気がします。そして、本日は天気回復でまた新たな気持ちでやっていけそうです。そして、今日、明日で5月も終わり、早くも2016年の折り返し、、、折り返し月は何かとバタバタしそうな気がしますので、5月も残り2日と6月からもどうぞ宜しくお願い致します。

 

    

では、本日もアイテム紹介へまいります。

     

 

もう、まもなくきますね、夏が。特に暑がりな僕にはツライシーズンです。そんなツライシーズンに欠かせないアイテムがショーツ。そろそろショーツの出番も多くなってくると思います。本日はガンガン履けるショーツのご紹介です。

 

 

_MG_1852

    

        

011

       

   

012

                  

■BRU NA BOINNE フェリシンビッシュショーツ

■price:¥18000+tax

■size:0,1

 

BRU NA BOINNEの定番デニムパンツ、フェリシンビッシュデニムのショーツバージョン。フェリシンビッシュパンツ一番の特徴である太さのままショーツにしたタイプ。丈は短すぎず、長すぎずのバランスが取りやすい長さに設定されており、ショーツが苦手な方もチャレンジしやすくなっております。素材もデニムですし、ガシガシと履き込んで頂いて、エイジングも楽しみな一本。

    

 

              

  

 

       

  

014

 

ウエストはジャストサイズぐらいで履いて、タックインスタイルなんかもいいかなと思います。

 

 

            

 

        

 

 

       

    

013

            

刺繍のテントウムシもこのシリーズには欠かせないポイントですね。

 

 

   

 

 

 

005

        

■t-shirts:CURLY

■shoes:foot the coacher  

       

 

ワンウォッシュの色濃いデニム。インパクトのあるアイテも馴染みやすくて、すっごくスタイリングが組みやすいんです。また、このシルエットも絶妙でシンプルですが、存在感のあるパンツに仕上がっています。

 

 

           

 

 

 

 

 

        

    

016

     

■hat:bukht

■shirts:BRU NA BOINNE

■shoes:Eytys

 

   

 

        

     

024

        

 

    

 

 

      

    

025

             

■cap:TYRONE BARFIELD

■shirts:CARVEN

■t-shirts:CARVEN

■shoes:kleman

■bag:3.1 phillip lim

■wallet chain:BRU NA BOINNE
            

 

シンプルな着こなしも、ゆったりとしたボリューミーなシルエットがポイントになり、雰囲気良く着て頂けます。個人的には、ゆるめのトップスと合わせ、革靴で合わしたりしてもカッコイイかな~と思ってます。

   

 

 

       

 

続いては、同じくBRU NA BOINNEからおもしろいショーツにまいります。 

    

 

 

             

 

      

    

006

     

   

009

      

   

011

      

■BRU NA BOINNE ミステリユショートパンツ

■price:¥21000+tax

■size:0,1  

      

細かい凸凹のコーデュロイ地を使用したショートパンツ。シルエットはワンタックのウエスト、お尻まわりにゆとりを持たせた、膝上丈ショーツ。このシルエットとこの生地がすっごく良いんですよね。

夏に起毛素材、、、暑そうとなるかもですが、暑がりで汗かきの僕が言います。これは全然大丈夫です。まずは、膝上という丈の長さで通気性も高く、また、余裕のあるシルエットが肌の密着面を狭めており、裏はサラッとした肌心地なので、肌にまとわりついたりしない穿き心地。穿き心地や暑さを感じにくいだけじゃなくて、起毛素材独特な雰囲気が、夏の薄手のTシャツと合わせても見事にコントラストを生み、日々のスタイリングにメリハリをつけてくれます。

 

 

       

 

 

    

    

007        

    

008

     

   

010

      

コーデュロイのイメージと言えば、畝の入った生地だと思いますが、こちらは米粒のように細かい凸凹した生地感。製品染めを施し、サイドのパッカリングやムラ感もこのショーツの雰囲気を更にグレードアップしております。 

 

          

002

         

■cap:TYRONE BARFIELD

■shirts:Quilp

■shoes:MIZUNO

■bag:MARCOMONDE

                             

シンプルに半袖シャツという組み合わせもコーデュロイとのコントラストがポイントになり、雰囲気が良いですね。 

 

 

       

 

 

      

   

021

           

■knit:crepusucule

■shoes:Hender Scheme

■wallet chaine:BRU NA BOINNE

 

      

      

023

 

クレプスキュールのゆったりしたアイテムとも新鮮なバランスで組んで頂けます。意外なこの合わせ方が個人的には好みです。

 

 

 

 

 

      

       

012

             

■cardigan:FRANK LEDER

■t-shirts:BRU NA BOINNE

■shoes:Julien David

      

 

      

       

018

         

カラーバランスも取りやすくて、どんな色目も合わせて頂けます。ふわっとしたシルエットで、野暮ったさもないので、同系色のアイテムとも相性良いですよ。

     

 

いかがでしたでしょうか。

  

 

シンプルな組合わせが多くなってくるので、BRU NA BOINNEのシルエットや素材で遊んだショーツがオススメです。

      

是非、お試し下さいませ。

 

   

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

⇒rroomm_south@yahoo.co.jp

               

           

 

     

    

 

                       

 

       

 

 

タグ:

コメントは受け付けていません。