NEW ARRIVAL(MENS)

STUDIO NICHOLSON OVERSIZED ENGLISH WOOL OVERCOAT NEW ARRIVAL(MENS)

 

こんばんは、藤本です。

 

 

本日のご紹介のアイテムは度々ブログにも登場する”STUDIO NICHOLSON”

パンツをはじめ、ニット、コート類も完売御礼ばかり。

こちらもラストワンで、無くなる前にご紹介という流れに。

最後の1着がどなたの手に渡るのかドギマギしながら執筆致します!笑

まだ本命コートを決めてらっしゃらない方はこちらを強くオススメいたしますっ!!笑

 

ではご覧くださーい!!

 

 

 

 

まずは使用しているファブリックから。

ウールのヘリンボーン素材で非常にクラシックで落ち着いた印象になります。

ちなみにヘリンボーンとは、模様の一種で

開きにした魚の骨に似る形状から、魚のニシン(herring)の骨(bone)という語源からきています。

 

 

そしてのそのクラシックファブリックを手掛けるのは英国MOON社。

その歴史は長く、英国で1837年にアブラハム・ムーン氏によって創業されたテキスタイルメーカー。180年の歴史を持っています。

現在でも染色、紡績、生地のフィニッシングまで全て生産工程を一貫して行っており、

一貫した環境で織られる素材は、品質管理が徹底され、非常にクオリティが高いファブリックに仕上がっています。

180年の歳月を経て蓄積されたクオリティがこの生地に詰まってると考えると

続けることってやはり素敵ですよね。

 

 

STUDIO NICHOLSON

OVERSIZED ENGLISH WOOL OVERCOAT

material : wool 100%

sizse : XS

price : ¥140.000+tax

 

 

 

 

 

生地だけでなく、縫製の仕上げまで一貫してイギリスで手掛けており、

サビルロウなどの高級テーラーなどがあるイギリスは縫製面も素晴らしい技術があります。

そんなバックボーンがある英国製のコートは歳を重ねるごとにより良い雰囲気になっていくことでしょう。

 

 

 

クラシックなヘリンボーンをSTUDIO NICHOLSONの解釈で

オーバーサイズのコートに落とし込んだ非常に素敵な1着です。

ラペルは少し大きめで、大判なコートにはいいバンランス感を生み出してくれます。

 

 

 

前留めのボタンを付けず、着用した時にすっきりとした佇まいに。

裏地も袖通りの良い、キュプラ。

ニットを着る機会が多い冬にはありがたいライニングですね。

 

 

 

 

 

 

 

ではスタイリングをどうぞ〜!!

 

 

全体で見るとヘリンボーンのいい雰囲気が伝わりますね。

あえてオーバーサイズで抜けを演出して気取らずに着れる上品なコートがniceなポイントです!

着用するとボタンがないのも納得のバランスに◎

 

 

クラシックな面持ちのファブリックのため、外し的な要素でミナのレザーマフラーを。

少し珍しいレザーマフラーもすっと懐に入るような好相性に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重厚なラバーソールシューズにも負けることなく

いい存在感を醸し出してくれるバックスタイル。ちょうどいい塩梅です◎

 

 

 

 

先ほどはシャツを着用していましたが

カジュアルなパーカーをinしてもggooddです。

足元もスニーカーで先ほどと対照的なスタイル。

 

オーバーザイスのコートではありますが

スタイリングの振り幅も広く、凡庸性も兼ね備えています。

 

 

 

 

 

 

クタクタになるまで着続けたいコート。いや、むしろ沢山着まわして、

クタクタになってからがよりいい雰囲気になり、着用するのが愉しみになるコートかもしれませんね。

 

是非お手にとってご覧くださいね!!

 

 

通販はこちらから。

rroomm online store

 

 

タグ:

コメントは受け付けていません。